「オートム小学校交通安全教室」
英 語:Japan-Cambodia Kizuna Events
日本語:日カンボジア絆増進事業
「オートム小学校交通安全教室」に関し,実行委員会による審査の結果,同事業に認定されました。
logo_j-rex_201509261548445cd.gif _logo5_2015092615413106e.jpg
Project Name:交通安全教室(オートム小学校)
ジェイレックス・コーポレーション株式会社は2013年にバンテイミエンチェイ州のオートム小学校校舎を建設しました。
場所:バンテイミエンチェイ州モンコールボレイ地区。
協力:現地パートナー   NGO FCCA
オートム小学校:1校舎3教室 トイレ(2室)、大型井戸1基。
継続した学校支援の一環としてオートム小学校の子供たちへ交通安全教室を開催します。
・年齢や地域の交通状況によって求められる指導が異なりますが、交通安全教室を小学校で行うことで、子供たちから地域の大人たち(保護者)へも情報が伝わる。

・教員に交通安全教室における生徒の反応や改善すべき点等を反省文として提出してもらっており、次の交通安全教室の内容を検討する際の参考とする。
・ こうした交通安全教室の目的は、幼少期から交通ルールを遵守することの大切さを教え、子どもが交通事故に遭遇することのないようにすることです。
今回、活動する学校は2013年に建設費用を支援した学校での継続的な活動の一つになります。

◆効果:地方でも共通した交通ルール、マナーを学ぶことにより、交通事故予防、減少につながります。
提案事業の背景:カンボジアの交通事情(2014年の交通事故発生件数)
昨年の交通事故発生件数は4,840件、交通事故による死者数は2,148人で、件数及び死者数共に過去3年増加傾向にあり、人口あたりの死者数の割合は日本の2.35倍になります。(インターネットにて情報検索の結果)
◆目的、活動内容の要点、工夫:子供たちを交通事故から守る取り組み、及び交通安全教室後に先生から反省文を提出してもらい、今後の教室の参考にする。
反省文のとりまとめについては、特に専門家が携わっているというわけではなく、交通安全教室を担当している現地カウンターパートの今後の教室の参考とする。
・交通安全教室実施後に、各家庭への手紙で、交通安全教室を開催したこと、その主なポイントを伝えるようにしており、子どもが親に報告したり、家庭でも指導してもらえたりするようにする。
自転車に乗り始める年代に正しい自転車の乗り方や交通法規に関する基礎知識を身に付けてもらうとともに、自転車利用時の交通安全意識を高揚させ、自ら責任ある行動を促すことが本事業の目的である。

NGO FCCA~Farmer's Club Cambodia Association.~
            info@fcca-kh.org
            agriculture.cam@gmail.com
            ホームページ: http://fcca-kh.org/
            プルメリア工房 カンボジア雑貨
       បើបើកបរកុំសែបគ្រឿងស្រវឹង បើសែបគឿងស្រវឹងកុំបើកបរ

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

【2015/09/26 15:45】 黄色い帽子 yellow hat | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
http://fathersclubcambodia.blog.fc2.com/tb.php/968-360c7a36

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

NGO FCCA

Author:NGO FCCA
FCCAの活動内容は、カンボジアの農家の方々と持続可能な農業を旗印に地方農家の自立支援を目標として活動しております。
循環型農業への移行を推進する反面、農家の経済的生活向上を図る上で看過できない自然環境に対する配慮も念頭にいれ同時進行していくべきだと考えています。

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

FCCAビデオ

FCCAイメージビデオ


| ホーム |